コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2月に「国家安全保障としての医療」を考えるシンポ―日医(医療介護CBニュース)

 日本医師会は2月5日の午後1時から、日医会館(東京都文京区)の大講堂で「国のありかたを考える―平時の国家安全保障としての医療」をテーマに医療政策シンポジウムを開催する。

 シンポジウムではまず、日医の唐澤祥人会長があいさつ。続いて、宇沢弘文・東大名誉教授が「社会的共通資本としての医療」と題して特別講演を行う。特別講演では、竹嶋康弘副会長が座長を務める。
 さらに、武見敬三氏(前参院議員、元厚生労働副大臣)と佐藤優氏(元外交官、文筆家)が講演。その後、二人をパネリストに、「世界の中の日本と社会保障のあり方」と題したパネルディスカッションが行われる。


【関連記事】
社会保障担保のために「消費税論議を」-09年回顧と10年の展望 日本医師会・竹嶋康弘副会長
日医が見解、「新政権と真摯に対話したい」
新政権に「一層強力な政策提言」-日医
骨太09で社保費削減撤回を―日医
吉川国民会議座長と中川日医常任理事が激論

1年間で100万貯める方法
今日からおれは
クレジットカード現金化 還元率
パチンコ攻略
即日現金化
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。