コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

国保医療費、広島と沖縄で1.6倍の差(医療介護CBニュース)

 1人当たりの国民健康保険医療費が最も高い都道府県は広島で、最も低い沖縄との格差が約1.6倍であることが、厚生労働省が1月8日に公表した2007年度医療費マップで分かった。

【2007年度都道府県別一人当たり実績医療費詳細】


 医療費マップは、厚労省が1人当たりの国民健康保険医療費などを都道府県別にまとめ、地図として表したもので、年に1回公表している。
 今回まとまった07年度のマップによると、1人当たり国保医療費(実績)の全国平均は40万7000円で、06年度の39万円から1万7000円上昇した。

 都道府県別に見ると、最高は広島の51万8000円(前年度比2万4000円増)で、以下は05、06年度トップだった高知の51万7000円(同2万円増)、山口51万6000円(同2万1000円増)と続いた。また、2000年度以来、5年連続で最高だった北海道は、50万3000円(同1万7000円増)で5位だった。
 一方、沖縄は33万円(同1万8000円増)で、2000年度以来8年連続で最も低くなった。千葉33万2000円(同1万6000円増)、埼玉33万8000円(同1万6000円増)も低く、最高の広島と最低の沖縄の間には、単純計算で約1.6倍(18万8000円)の差が見られた。

 また、年齢による影響を除いた1人当たりの保険給付費は、福岡が最も高く、次いで徳島、北海道と続いた。一方、最低だったのは千葉で、長野、静岡も低かった。1人当たりの国保医療費が最高だった広島は5位、最低の沖縄は20位だった。


【関連記事】
国保組合への国庫補助、初の実態調査結果を公表―厚労省
国民健康保険診療施設数は6年連続の減少
後期高齢者、昨年度の医療費は約11.3兆円
国保の保健事業で初会合―厚労省懇談会
国保医療費は“西高東低”

てつやのブログ
w32o2281のブログ
アフィリエイト ホームページ
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。