コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<チリ津波>気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査(毎日新聞)

 南米チリで先月27日に起きた地震で、17年ぶりに大津波警報を出した気象庁の対応について、「適切だった」と考える人が6割に上ることが大木聖子(さとこ)・東京大地震研究所助教らの調査で分かった。「不安をあおった」と受け止めた人は4人に1人だった。実際の津波の規模は予測より小さく、気象庁の判断が話題になったが、市民は許容しているようだ。調査は今月5~7日にネットを使って実施、20~50代と60代以上の男女計2060人が回答した。【石塚孝志】

 「気象庁が発表した大津波警報や津波警報は防災上の観点から適切だったか」との問いには、「必要以上に不安をあおった」は23.8%にとどまり、「おおむね適切」は63.3%に達した。また、「もっと注意を呼びかけるべきだった」と答えた人は4.9%いた。

 また、最大3メートルの津波が来るという警報が出ている状況で、第1波が30センチだった場合、後続の津波が「さらに大きい可能性がある」と正しい知識を持っている人は62.9%いたが、「小さくなる」と考える人は5.7%いた。「危険と思う津波の高さでは、「1メートル以上」(35.9%)と「50センチ以上」(29.8%)で3分の2を占めた。実際の津波では50センチ程度でも立っていることが困難になる。

 大津波警報の発令をめぐっては、担当課長は「予測が過大だった」とおわびしたが、その後、桜井邦雄長官は「最善を尽くした」として、事実上おわびを撤回した。

【関連ニュース】
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」
おいらせ町長選:津波で投票箱24時間監視、ようやく終了
チリ大地震:「警報ミスで妻死亡」…被災男性が政府を告訴
社説:大津波警報 経験を精度に生かそう
【関連写真特集】大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫 2月28日

「観察不十分」 さいたま市救急隊の死亡誤判断問題で外部委の検証結果発表(産経新聞)
都内の老人ホーム事業者に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
長崎の小型機墜落、原因はパイプの整備ミス(読売新聞)
<チリ津波>気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査(毎日新聞)
搭乗型移動ロボ 公道走行へ つくば市が実証実験特区に(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コウノトリのヒナ、今年初めて孵化 兵庫・豊岡(産経新聞)

 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は27日、同市百合地地区の人工巣塔で、放鳥コウノトリが産卵した6個のうち、ひな2羽の誕生を確認した。孵化(ふか)は今年初めてで、4年連続の成功。巣立ちは早ければ5月末になるという。

 親鳥2羽は、いずれも平成18年に同市河谷地区で放鳥された雄(現在9歳)と雌(同11歳)。翌19年にはつがいになり、毎年ひなを誕生させている。

 2月23日に6個の産卵、3月20日には巣外へ卵の殻らしきものを出しているのがわかり、同公園職員が27日、高所作業車に乗って孵化を確認。さらに死んだひな1羽や、ひび割れた卵を発見したが、残りの卵2個はなくなっていた。

【関連記事】
総移動距離は約3500キロに 兵庫のコウノトリ
コウノトリの幼鳥死ぬ 石川のため池で発見
脱走騒動その後…あのアフリカハゲコウが福の神に 経済効果絶大?
「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正
トキ襲ったのは「テン」 監視カメラに残された大きな鳴き声10回
あれから、15年 地下鉄サリン事件

基地機能、5割超を県外移転=政府が方針-普天間移設(時事通信)
高木美帆選手 1人の「卒業式」…北海道・札内中(毎日新聞)
国会参観者に飛び入り=鳩山首相(時事通信)
<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)
列車往来危険の疑いで捜査=市営地下鉄トラブルで大阪府警(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが-東京(時事通信)

 23日午前9時半ごろ、東京都八王子市寺田町の渡部秀夫さん(77)方から出火、木造2階建て住宅約160平方メートルが全焼し、隣接する竹林約200平方メートルや住宅2棟の外壁などを焼いた。
 東京消防庁によると、渡部さん方の焼け跡から女性1人の遺体が見つかった。警視庁高尾署は渡部さんの孫の綾さん(18)とみて確認を急いでいる。 

ダム工事 「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
<プレゼント>雑誌「TRANSIT」「TRANSIT TOKYO」を各2人に(毎日新聞)
政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
<キセル乗車>神奈川労働局長を懲戒処分(毎日新聞)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<訃報>永山光幹さん90歳=刀剣研磨師(毎日新聞)

 永山光幹さん90歳(ながやま・こうかん<本名・茂=しげる>刀剣研磨師)22日、肺炎のため死去。葬儀は近親者で行い、お別れの会を後日開く。自宅は神奈川県大磯町西小磯805。喪主は妻サト子(さとこ)さん。

 68年、「永山美術刀剣研磨研修所」を設立し、後進の育成にも尽力。98年、刀剣研磨の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。著書は「日本刀を研ぐ-研師の技・眼・心」など。

大手町駅でテロ想定訓練、サリン事件15年(読売新聞)
トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く-環境省(時事通信)
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合-総務省(時事通信)
渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)
日航1期機長、ラストフライト=邦人救出、地球環境変化の撮影も(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(1)今も消えぬ悪夢(産経新聞)

 ■「地球がどうかなってしまったかと思った」

 あの日…。

 15年前の3月20日午前8時前、営団地下鉄(現東京メトロ)日比谷線上野駅。男は左手に傘と紙袋、右手に透明の液体が入ったビニール袋を包んだ新聞紙を持っていた。プラットホームに北千住発中目黒行きの列車が減速しながら入ってきた。列車番号「A720S」。乗り込んだのは3両目。車内は肩が触れあう程度の混雑具合だった。

 「鼓動が周りの人に聞こえないだろうか」。そんな思いが男の胸をよぎった。落ち着かない様子の男は、列車が秋葉原駅に滑り込む直前、新聞紙を無造作に落とし、傘の先で突き刺した。逃げるように電車を降り、ホームの階段に姿を消した。

 「スカ(失敗)でありますように」。男の願いを打ち砕いたのは、テレビで繰り返し伝えられる阿鼻叫喚(あびきょうかん)。とがらせた傘の先は新聞紙にくるんだビニール袋を正確に突き破り、確実に液体を漏出させたのだ。男は富士山のふもとの施設に帰り、教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)=(55)=からねぎらいの「おはぎ」を渡された。

 男は、元オウム真理教幹部、林泰男(52)。公判で検察、弁護側が示した冒頭陳述などから、あの日、3路線5カ所のうちのひとつの路線で起きた出来事は、こんなふうに描き出される。

 林は殺人罪などに問われて死刑が確定した。林のまいたサリンで死亡したのは、“散布役”5人のなかで最多の8人だった。

                   ◇

 日比谷線に乗り合わせ、被害にあった女性会社員はあの日をこう思いだす。

 前日の曇り空とは打って変わって気持ちいい快晴、気温も高く、暖かな春の一日の始まりのはずだった。

 勤め先のある人形町へ向かう電車は、なぜか1駅前の小伝馬町で停車した。そして、せき込んで、むせはじめた。居ても立ってもいられなくなり、車両を出た。ホームで目の当たりにしたのは、うずくまり、倒れ、もがく人々だった。

 「手をさしのべて助ける余力なんてなかった」

 なんとか地上に出たのに、なぜか暗く、青空は色を失っていた。

 「地球がどうかなってしまったのかと思った」

 それはサリン中毒特有の症状、瞳孔が異常に縮小する「縮瞳」だった。15年たった今も、この時期には決まって体調を崩す。

 日比谷線で長女=当時(33)=を失った母親は、朝、元気だった娘に築地警察署のひんやりとした一室で再会した。司法解剖を受けた娘の胸は、粘着テープで閉じ合わされていた。「夫は殺せるものなら林をぶっ殺したい、と。私も林の母親に、この親の思いをぶつけたいと思ったこともありました」

 地下鉄サリン事件被害者の会の代表世話人を務め、霞ケ関駅で助役を務めていた夫を事件で亡くした高橋シズヱ(63)は、被害者や捜査関係者ら11人の思いを丹念に聞き取り、映像にまとめた。インタビューの時間は20時間に達した。

                   ◇

 「これ以上、不幸になる人が増えないように、教団とその教義が消滅することを願っています」

 弁護士の滝本太郎(53)は今年の正月、こんな年賀状を受け取った。表書きの住所は「東京都小菅1-35-1A」。地下鉄サリン事件にもかかわった死刑囚が東京拘置所から出した一通だった。きちょうめんにそろった文字。その角の丸さは、どこか優しい。

 滝本もサリンの被害者だ。平成6年には自家用車にサリンをかけられた。「くも膜下出血の前兆かと思った」と振り返る滝本。しかし、目の前が暗くなる症状はサリンのものだった。

 そんな滝本はこう話す。「15年たったいま、若い世代にとって、事件の記憶はテレビでかすかに見た記憶になり、当時の小学生が新たな信者対象となっている。オウムというものを完全になくしたい。それが被害者救済にもつながる」

 オウム真理教は宗教法人格を失った。しかし、名前を変え、分裂しても祭壇に教祖だった麻原の写真を飾る団体がある。

 オウム真理教の一連の事件で起訴された信者らは計189人に上り、麻原ら10人の死刑が確定した。しかし、地下鉄サリン事件にも関与したとされ、1、2審で死刑判決を受けて上告中の遠藤誠一(49)、中川智正(47)、土谷正実(45)の3人の審理は最高裁で続いている。(敬称、呼称略)

                   ◇

 地下鉄サリン事件から20日で15年。事件はいまも法廷や、被害者、遺族、捜査員らの胸中に存在する。事件の風化も叫ばれる中で迎えるひとつの節目。それぞれの思いに耳を傾けたい。

築地市場移転費を削除 民主、予算修正案まとめる(産経新聞)
<「鈴木」姓>全国一多い浜松市に「楽会」(毎日新聞)
過去最高額の平成22年度予算案、今夕成立(産経新聞)
<センバツ>第1日(21日)の見どころ(毎日新聞)
北教組「校長交渉」の文書入手 「学テ公表するな」「異動は組合尊重」(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。